時代

古の時代

錬金術の技術が最大となった時代である。
オディーリアが造られた時代でもある。
from 公式HP
関連:オディーリア、遺跡、錬金術

前時代

錬金術最盛期の時代、アーシャのアトリエ本編よりも昔の時代
from 公式HP

黄昏の時代

人類がゆっくりとした滅びを待つ時代、本編の時代
form 公式HP
この時代では国家という概念ははるか昔に曖昧になっており、それぞれの街がそれに見合った規律を作り集団を維持している。
from 電撃プレイステーション vol.521 プロダクトコード リーディングエピソード フィルツベルク

黄昏の時代 - 今の時代

再び何度目かの慎ましやかな生活が取り戻されつつある世界
form 公式PV22 Launch Tailer Movie
フィルツベルグでは市場を中心とした街が形成されている
from フィルツベルグの説明
中央では国と呼べるものが登場している。
from リンカ ED - そして3人で

地方

この地方

アーシャのアトリエの舞台となる地方、具体的な地名までは分からず
from 公式HP
とある一地方であり、国家のような統治組織はないものの、人々が手を取り合って暮らしている。
from 公式PV22 Launch Tailer Movie
中央から見て東方にあるとのこと。アーニー曰く辺境のなにもない所であるが、キースに言わせると豊かな場所らしい。恐らく着眼点が異なるのであろう。
from OP アーニーとキースグリフの会話 中央から見たら、『存在しない土地』とすら言われてしまう。これだけ豊かな土地が見つかってないことを考えると、何かの力が働いていたのであろうか?そんなこと言ったら存在しない土地なんていっぱいあるはずである。
from フィルツブルク東での会話 - マリオンお仕事道中記
遺跡の様式は中央のものと若干異なる。
また、アーシャのアトリエがある側が、フィルツベルグから東である。
from マリオンさんとリンカさんとアーシャちゃんと 2度目

一貫してこの地この地方と呼称されており、明確な地方名がない。本HPでは基本的にこれに従うが、ややこしい場合はアーシャの地方と呼ぶことにする。

マリオンが居た地方

マリオンは舞台となる地方の外から来たらしい。詳細な地名や方角は不明瞭
from 公式HP
中央と呼ばれる地方である
from リンカのお手伝い 高台の広場 リンカの過去
アーシャの地方からは船に乗って向かうことになる。
from リンカED - そして3人で
西方の大国とも呼ばれる。また、キースグリフの出身地でもある。
from OVB P24 どうやら話を総合すると西方にあるらしい。アーニーは西方の国と取引しており、キースグリフも西方の出身である。
もしかしたら北=上でない可能性がある。

この地方の街

アーシャのアトリエ

リーゼンガング

世界に黄昏が訪れる前、豊かな水をたたえていたことを知るものは、誰一人としていない。
from 街紹介 - 初めてのリーゼンガング
リーゼンガングの近くの森や平原は土が肥えている。これは今時めずらしい。
珍しい植物が咲き、牛もこの周辺の草が大好きである。
原因は不明だが、恐らく遺跡の影響であろう。
from レジナさんの説明 + 牛飼いナナカさんと初めての邂逅
外観を見れば分かるのだが、この街は歯車のような巨大施設の一部に張り付いている形となる。

リーゼンガング隧道

固い岩山を繰り抜いて造られている。恐らく前時代の産物である。
通路の資材や柱を売ればいいお金になる。
恐らく通路の素材がいいのはキャリアー種が重たいものを運ぶためであろう
from 隧道デート - レジナさんと初めての隧道

リーゼンガング遺跡

発掘が進んでいる古代の遺跡である。定期的にスラグが大量発生している。
from OVB P18

フィルツベルク

幾度かの黄昏のあと、人々は寄り添い合い治めることを学んだ。この地方のすべてのひととものが集まる。
from 街紹介 - はじめてのフィルツブルク
四方を川に囲まれ、大きな壁によって守られたこの地方の中心に位置する城塞都市であり、そのままの意味を込めてフィルツベルクと呼ばれている。
今の時代や、この地方内というレベルではなく、黄昏の時代において大規模な都市である。
住民の自治によって統治を行なっており、数百年規模で争いは起こっていない。また、近年は大規模な飢饉も起こっていない。
黄昏の時代においても、人の出入りが盛んに行われ常に活力があふれている。それを象徴するのが交易とバザールである。
バザールには誰でも売買に参加でき、開催日の制約を守りさえすれば個人の責任の範囲で自由に取引できる。
これは、フィルツベルクの自治精神から派生したものである。
珍しいものとしては、最果ての地から塩の結晶が売り出されることもあるし、異種族の露天商もいる。
半分同窓会のようにもなっており、平和な時代を祝っている。
他の珍しい催し物としては、品評会も行われている。しかし、これはコロコロと名前を替え、主催者の気分で開催される。
これまでに2桁に至らない程度の回数が行われているが、優勝者は開催者であり住民からはちょっと非難されている。
しかし、開催者は街の有力者であり、信頼と実績と熱意から開催が認められている。
前回の開催から、一定の報酬を提示しはじめた。
フィルツベルクの新たな名物となるか?というところ。
※平和な時代を祝うにしてはちょっと開催頻度が多いような…。
from 電撃プレイステーション vol.521 プロダクトコード リーディングエピソード フィルツベルク
バザールについて、上には誰でも参加できると書いてあるが、フィルツブルクを初めて訪れた時には、出展登録業務をハリーさんが行なっていることが分かる。どっちや。
from フィルツブルク - ハリーのお仕事

ホルンハイム

ホムンクルスの街

採取地

アルトゥール薬草園

薬草が豊富に取れる遺跡である。それ故にアルトゥール家が代々管理者となっている。遺跡の本来の目的は分かっていない。
アーシャのアトリエを含め、精霊の力が整っているため調合に適した環境となっている。 from Ateliear Ayesha Official Visual Book P14
※精霊の力が整っている旨は本編ではキースが見抜いていた。また、薬草が取れる遺跡だから、薬士のアルトゥール家が薬草園を管理しているわけではなく、薬草が取れる遺跡をアルトゥール家が見つけ出して管理しているというのがワールドガイドCDで書かれていたはずである。どっちや。

薬草園・回廊

薬草園・最深部

涸れ谷

涸れ谷・湖底跡

涸れ谷・渓谷道

リーゼンガング・上層

リーゼンガング・中層

近くの森

最近では珍しいほど栄養を蓄えている。

五分咲き野原

隧道跡

隧道跡・壊れかけの橋

隧道跡・旧揚水地

隧道跡・乾きの水路

川沿いの街道

実りの緑葉林

グラス工房跡

グラス工房・第二回廊

グラス工房・第三回廊

グラス工房・炉心部

グラス工房・宝物庫

壮大なる岩山

泉水の森

最果ての森

平原の街道

古び炭鉱

草原野原

森の街道

風の香る草原

湧水の森

ハロス村

ハロス村・旧居住

ハロス村・広場

不断の木陰林

惑いの森

弐番館

弐番館・第二書庫

弐番館・第三書庫

弐番館・第四書庫

弐番館・第五書庫

弐番館・第六書庫

弐番館・第七書庫

弐番館・第八書庫

弐番館・第九書庫

エステン湿原

エステン湿原・沼地

エステン湿原・遺跡

崖沿いの街道

塩の砂漠

塩の砂漠・灯

塩の砂漠・丘

塩の砂漠・山

塩の砂漠・骨

落水の島

やすらぎの島

はじまりの島

雲海の島

朽ちた遺跡島

スタインフェーダー

スタインフェーダー・淵

イグドラシル

イグドラシル・花の小径

イグドラシル・花の門

もう一つのゆりかご


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-02-17 (日) 05:52:00 (1495d)