前書き

絵だけよければ売れるとか、大手の独壇場だとか言われているエロゲ業界でこんな挑戦的なゲーム作れるというだけでもう点数付けるならば100点以上の価値があるでしょう。
そういった前提のもとでのお話です。

良い点

ゲームシステムとシナリオの融合への新しいチャレンジは素晴らしい。
キャラ萌えゲーとかH特化とかそういう路線から真逆に進みシナリオにこだわりやりたいことを成し遂げたことがもう絶賛すべきである。
シナリオも(攻略サイト前提ならば)先が気になりどんどん読み進められて非常に楽しい時間を味わえるし、いろんな疑問がどんどん解決されていく様は快感である。
キャラ萌え路線に走ってはいないが、古宮舞(CV:雪村とあ)さんが可愛すぎて生きるのが辛いです。
私のお気に入りは古宮舞(CV:雪村とあ)さんと、サキと妹ちゃんの2人ですね。妹ゲーです。

古宮舞(CV:雪村とあ)

天然入ってる童話作家さん。
この人が全てのキーであるけど、その性格のせいで誰にも真実に気づかせないのはちょっとメタったような良いキャラ設定であると思う。
天然ボケで若い流行らない喫茶店経営者というよく分からない設定を無考慮で受け入れられるのはエロゲの土壌あってこそだと思う。

ゲームシステム

理不尽ながらも洗練すればこのタイプのループものは非常に面白いです。
好きな位置に好きなタイミングで戻れ、過去の並行世界を記憶を維持して旅をするのは面白いです。
しかし、盤の上に載っているのが残念で、個人的には時間順に整理してほしかった。
フローチャート系は好みです。

悪い点

理不尽クソゲー感すごい。
紅茶でみんな死にすぎ。
紅茶の入れ方で幼馴染と後輩が死に、次の周でサキが死に、次の周で主人公が死に、次の周で誤クリックで吹き出しをスキップし、次の周で判定反映の認識ミスで故意の運命量操作認定が下り死に、次の周で幼馴染が死ぬ。というコンボを食らう。
これができなければゆとりとかいうならゆとりでいいです。私のWiki見れば分かる通りゆとりゲーマーなんです。
また、すべてをやりなおしたあとの行動が面倒くさすぎます。攻略サイト通りにやったので選択をミスした可能性もありますが、結局キーワードコンプをするには必須だしなぁ…。
以下重箱の隅的な何か

カオス理論

バタフライエフェクトもいいけどそれは初期値鋭敏性の話じゃないの?マクロの事象に対して統計的確率とカオスを同じ土台で語るのは頭悪くね?

卵が先か鶏が先か

ループに入った後から物語が開始するのにその源がよく分からない。
結果結論出ず終い。
ここをどう解決するかがループ物の醍醐味だと私は思うのでちょっと残念です。

観測

有名な思考実験であるシュレディンガーの猫でいう観測を、目で見ることだと思っているのならそれは間違いであると思う。妥当性皆無ですし。
センシングっていうものは人間だったら5感(+第6感(電磁波))が主ですが、他に影響を与える行動全てが被観測事項でしょう。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-08-18 (土) 00:00:00 (1893d)