Attribute:Player
Wish:New Family
Ideal Symbol:Nekonade-distortion

Vagueness:曖昧なもの
家族の形
白昼夢を望んだ柚が示した家族の形とは
完全には理解し得ない関係
であった。
ちょっと茶番にしか見えないし、猫撫には必要ない気がする。
故にDaydreamであり、幻想や茶番でしかない。

式子

Eternal:無限に続くこと
家族の形
終わらないことを望んだ式子の新しい家族の形とは
輪廻転生する一つの命
であった。
死を周期として内包するも、決して分かれることのない関係
ドラマCDでの過去の出来事ともつながる?

結衣

Eternity:終わらないこと
家族の形
壊れないことを望んだ結衣の新しい家族の形とは
停止すること
であった。
その場で永遠に停止し続ける永遠、始まりと終わりの中にある永久機関
琴子のため?樹のため?

EternalとEternity

この辺りの解説は批評空間のumaibou108さんの記事を読むともっと理解できるかもしれない。(要リンク)
Eternalとは円環である。始まりもなければ終わりもない、ちょうどメビウスの環のようなものである。
Eternityとは停止である。その場に固定され動けなくなった状態で、分子にとっての絶対零度であり、人間に取っての時間の停止である。
大きな違いは、動いているか動いていないか、Eternalは動き続けるが、Eternityは動かない。

ギズモ

※ここで断りを入れておくが、ギズモは樹であり、ギズモの望みではない。
The hoped one:樹が望んだ物
家族の形
新しい家族の可能性の可能性を望んだギズモ(樹)の新しい家族の形とは
過ごした時間が作る新しい家族
であった。
元々は家族でなかったギズモが新しい家族になる可能性は、血の繋がりでない家族を許容することであった。
家族であるための因子は血ではなく、想いや意味の継承によって行われる。
家族とは場ではなく、いっしょに過ごした時間である。

琴子

in qualia:クオリアへ
家族の形
感覚することを望んだ琴子の新しい家族の形とは
互いにsenseすること
であった。
死んでしまった琴子が家族へ帰るには、死んでしまっても続く家族の関係が必要であった。
そこにいると思うこと、そこにいたいと思うことにより家族の関係は続く
双方向の望みにより、その琴子はそこへいるのであって、粒子の集まりではない。
そこへ有りたいと思う琴子とそこへ居て欲しいと思う樹のsenseにより琴子は存在する。

電卓

重なりあった世界とはなんなのだろうか?
同時並行的に存在すると考えていたけど、そうではないのか?
なぜあんなヘンテコな能力があるの?
なんであんな容姿になったの?
そこを考える必要はあるの?
そこに必然性はあるの?
よーわからん。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-11-17 (木) 00:00:00 (1988d)