リアルタイムアタックチャートクリエイターのための閃く確率

1度の試行で閃く確率がXのものの、試行回数をnとしたとき、(1回でも)閃く確率P(:Probability)は次の式で表すことが可能です。

P=(1-(1-X)^n) ^ は累乗を意味する。
※エクセル的には P=1-power( (1-X),n)
※確率は百分率では示しておりません。

これにより、閃く確率が分かれば何回の試行で何%の確率で覚えられるかを計算することが可能です。
RTAですと、80%辺りを基準にしてはいかがでしょうか?その辺はさじ加減ですので、各自決めましょう。

確率50%80%90%
00.88%79回183回261回
2.340%30回68回98回
5.860%12回27回39回
10.55%7回15回21回
20.90%3回7回10回


また、確率Xで閃く技を、Pの確率で閃くのに必要な試行回数は

n=log(1-P)/log(1-X) 自然対数の底を利用する(本質的には底に依存しない)

エクセル的に書くと、

n=log(1-P,1-X)

です。ちょっと式変形をしていますが、この辺は対数の計算あたりでググってください。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-12-16 (金) 00:00:00 (2139d)