はじめに

ここではバッチファイルについてまとめます。コマンドプロンプトはどんな環境でも自動で動くすごいやつだよ。



ファイル連携

サンプルCSVファイル

test.csvという名前で保存

11,12,13,14
21,22,23,24
31,32,33,34
41,42,43,44

CSVファイルの要素吐き出し

@echo off

@REM 二重for用の処理
setlocal ENABLEDELAYEDEXPANSION

set FILE_NAME=test.csv
echo %FILE_NAME%

@REM メインループ
for /f "delims=" %%i in (%FILE_NAME%) do (
	for %%A in (%%i) do (
		echo %%A
	)
	
)

pause

RESULT

test.csv
11
12
13
14
21
22
23
24
31
32
33
34
41
42
43
44

CSV特定セル吐き出し

@echo off

@REM 引数として指定すべきものを簡単のため内部定義
@REM -----------
set FILE_NAME=test.csv
echo %FILE_NAME%
set col=2
set row=0
@REM -----------

@REM 二重for用の処理
setlocal ENABLEDELAYEDEXPANSION

@REM 変数の準備
set /a L1=0
set /a L2=0

@REM メインループ
for /f "delims=" %%i in (%FILE_NAME%) do (
REM	echo L1=!L1!
	for %%A in (%%i) do (
REM		echo L2=!L2!
		if !L1!==%col% (
			if !L2!==%row% (
				echo %%A
			)
		set /a "L2=L2+1"
		)
	)
	set /a "L1=L1+1"
	set /a "L2=0"
)

pause

RESULT

test.csv
31

チートシート

Windowsコマンド集(機能別一覧) アーカイブ

I/Oなどを含むもの アーカイブ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-02-08 (水) 07:58:56 (48d)