これは多分これ見てプレイしてね!ってよりも、こんなのやったんだよ!って意味のほうが強いかもしれない。
プレイ・パクリ・改変・なんでもござれ。というかこのPukiwiki全部だいたいそんな方針です。
※これ自体がパクリですが…。

作成者

Palantir
CoCプレイ 01回 / KP00回
初KPが半オリジナルという地雷を踏み抜くシナリオである。
評判としてはRailPlayingGame?という印象らしい。個人的にはそうは思わないけども…。

クレジット

参考というかほとんどスキマセッションさんクトゥルフ第01回をなぞる形です。
スキマセッションさんは東方設定なので、普通のCoCに落とした場合どうなるかの辺りを組み直しました。
都合の悪い場所のみ漫画版狂気山脈や、原典を参考にしています。

あーてんしょん!

この情報はいわゆるUVクリアランスにのみ明かされる情報である。
探索者がこれを読むと多分つまらなくなる、やめておけ!
また、これを読んだ上で想像力を膨らませなければKPとしてうまく立ち回れないと思います。

シナリオ概要

南極旅行中に船がブチ壊されるというのがコンセプトである。
恋人としてNPCを出し、その1人が連れ去られ、それを助けるというシナリオである。
南極旅行なので途中脱出できない+乗ってきた船までも壊されるという割りと凄惨なシナリオである。
①船中パート
②規定南極探索パート
③南極自由探索パート
④帰還後フェーズ
⑤-1別探索隊フェーズ
⑤-2船中宿泊フェース(未定義)
※船中泊の場合、無数のショゴスに唐突に襲われるの注意すること。いや、注意して死ぬこと
⑥壊れた船に帰還フェーズ
⑦船探索フェース
⑧安全への帰還orショゴス探索フェーズ
⑨洞窟探索フェーズ
⑩窓に!窓に!

シナリオ

プロローグ

あなた達N人は古い友人である。
あなた達は大規模な休みで南極大陸に行くという念願の夢のチケットをついに入手した。
それは世界的な某大企業(アーカム社:聞かれたら答える)による大規模な南極探索ツアーであった。
あなた達はこれから世界の果てで世界初の市民による調査を行う。
あなた達は胸の高鳴りを抑えることは出来ず、船の中でひたすらロマンを語り続けていた…。
その中で#妹尾奈々(セノオ ナナ)#という日本人女性に出会う。
あなた達の1人は道中、妹尾と恋仲になり(または不倫)幸せな旅行を過ごしている。
※ステータス必要、学者系、耐久は少なめなので注意
彼女はあなた達と意気投合する。
APP+1d20 で一番大きい人と恋仲になる。

背景説明・恋人設定

PHASE1 船内

あなた達が搭乗するのは、大規模商船三井客船(エドガー・A・ポー:聞かれたら答える)である。
この船には400人が搭乗することができ、レストラン・商業施設・はたまたカジノまである。
今回搭乗しているのは150名程度である。最終目的地南極に行くのはこの人数であるが、その前までは満員であった。
船内は厳重なセキュリティに守られており、公共空間以外へは行けないようになっている。
あなた達は南極大陸に付く以前に様々な観光を行っており、色々なものを買うことができた。
※キャラ付け・持ち物・所持金チェック
そしていよいよ明日、南極大陸に到着する。
船上での最後の今日、いったいなにをする?
それを相談するために、一行(妹尾含む)は部屋に集まっていた。
まずは最終目的地到着前ということで、改めて自己紹介と目標を述べて下さい。
次に行く場所を決めます。行けるところは、
展望ラウンジ・寿司バー・バーラウンジ・ミニシアター・カジノ・ミニ図書館
である。
※こういうところは任意に行きたいところを想像してやりたいと言われた。地図なしでいいならいいんですが…。

''展望ラウンジ''
生憎だが天候は良くない、それでも出るか?
幸運ロールに失敗すると冷気で1ダメージ(翌日回復予定)
幸運ロール成功で''寒さ○''を得る。今後冷気ダメージを-1する自然な装甲を得る。&br;
''寿司バー''
ちょっと摘んでいきます。お腹の具合は1d3品食べられそうです。
光物を食べた場合、アイデアロール、成功で''任意のロール前に幸運を+10''できる権利を得る。
「この魚は新鮮だ!なんだかツキが向いてきたようだ。」
あら汁を頼んだ場合、幸運ロール、成功で''任意のロール前に知識を+10''できる権利を得る。
「この魚は頭を活性化させる!あなたは少し賢くなった。」
''バーラウンジ''
あなたはアルコールを楽しむことできr。
幸運ロールに成功すれば、''任意のロール前に幸運を+10''してより権利を得られる。
「このアルコールはうまい!幸運の日が訪れたようだ。」 
''ミニシアター''
このシアターの提供はフルゥトクStudioである。目星や聞き耳で分かる。
何も知らずに見る映画は''アルターゴット(古き神々 Alter Gott)''映画の題名はドイツ語で書かれており、知識かドイツ語で振らなければタイトルは分からない。
もし気づかず見てしまった場合は、3体の旧神の説明を行う。
SANチェック0/1、失敗したらアイデアロールでクトゥルフ神話+1 これを3回
途中退場は希望があればしていい。成功判定は、幸運の半分で行う。
''カジノ''
ハイアンドローを楽しむことができる。
1d100を振って50以上か50以下かを当てる
3回成功したら役に立ちそうなアイテムでも上げる。
ここで聞き耳をした場合、自動成功でよく、これからの旅で役立つ情報を与えよう。
''ライブラリ''
図書館や知識で調べ物ができる。
あなた達は南極について直前に調べ直そうと思い立った。
目星2回相当で魔導書を見つけることが可能である。
まぁ重要なものではないので適当あしらって下さい。
(元はネクロノミコンがここにあったが、諸事情により妹尾の物に)
''自動販売機''
特にないもない
聞き耳を強制自動成功させる。

有益な情報については、シナリオを読み込んで適当に見繕って欲しい。
特にここでは、後に出てくるダイアーのことや、船の出自が怪しいこと、到着地の近くに別のキャンプがあること辺りがいいだろう。

夜には衛星通信によって、インターネットの利用が可能である。
基本的に夜の一定時間以外はインターネットへの接続が不可能である点に注意してほしい。

PHASE2 南極探索

当日に配布される持ち物
防寒上着
ゴム長靴
防水性のズボン
帽子(つばと耳あて付きのものが良い)
マフラー
手袋(ウールの手袋またはミトン)
防水性のリュックサック
つるはし 

あなた達はガイドの指示に従い、集合場所に集まる。あなた達はその指示に従い探索に出かけることになる。
私物の持ち込みはできるだけ遠慮すべきである。カメラなどは可能だが、携帯電話は手袋装着のために操作できない。
あなたたちはこれから、あるチームで発掘作業を行うようだ。
チームリーダはミスカトニック大学のダイアーという偏屈な教授である。

ダイアーは調査の片手間に案内を依頼されているが、観光客を巻き込むことをよしと思っていない。
割りと態度は傲慢である。
南極探索という研究に予算が下りず、苦心の末にこの調査に協力している。

犬ぞりに乗って2時間(距離にして80km)ほど進むと探索地点についた。
あなたは10名程度の仲間と発掘探索を行う。
一応のキャンプを張り、場を整えて作業を開始する。

発掘作業♪

レッツ発掘!つるはしで地中の粘板岩を発掘しよう!
1Tに1度幸運の半分で振る。(RPによる補正推奨 地質学など
3T後から吹雪いてくる
4T後から1d3のダメージを受ける。但しデフォの防寒着で-1される。
※この傷は応急処置で1回のみ治療可能
5T後から最低ダメージが1になる。
粘板岩は1度に STR/4 つまで運ぶことが出来る。
調査成功率は20%であるが、1枚毎に+5される。9枚目で自動成功
吹雪中はHP*5で気絶ロール
※確率未調査
粘板岩について
先カンブリア時代の粘板岩:三葉虫の化石や海藻類の化石が見つかる。ダイアーは生物学的には最大30cmにも及ぶ巨大な三葉虫の痕跡もあると主張する
こういうミニゲームは、わかりやすい行動表を分けた方がいい。

発掘が終わったら。吹雪は適当に止む。
記念写真をとったり、ダイアーと会話したりなんかいろいろ。
発掘に成功した人はダイアーの好感度がアップ!(後のロールプレイに影響させてもいいと思う。
その後船に帰ったら何事もなく終了

翌日

あなたには3つの選択肢がある。
1 休むこと
2 ダイアーと共に探索に行く事 3 レイク教授と共に別の探索に行く事 レイク教授はダイアーと同じ学校の教授である。ダイアーよりは柔和で説得に応じやすい。ダイアーとの探索で得た貴重な結果を聞きつつ、運にあやかりたいと思っている。

休んだ場合

凍傷と体力を完全回復できる。

ダイアーと行く、ショゴス発見探索!(ネタバレ注意

ダイアーと行く場合、先日行った方向に更に進むことになる。
今回は犬ぞりではなく、スノーモービルである。普通免許があれば普通に運転可能であるとする。
ここで運転した場合は、 運転:スノーモービルに1d50の値を加える。(探索終了時に1/10だけ残る)
視界はなかなかに悪いが、前回から更に1時間のところで巨大な穴を発見する。
その穴の中には異形とも言える2mほどの卵状の物体が、多数存在する。
アイデアロール 成功でSANチェック1d3/1d6
この正体は冬眠中のショゴス(またはショゴスの卵?)である。
卵の発見と同時に、船と連絡を取るダイアー、その言葉の端々から、本来はこれを発見するための探索だったらしい。また、この長い距離を搬出する用意があるようだ。
ダイアー「素晴らしい!これがかの財団が言っていた卵か!架空のものだとばかり思っていたが、まさか実在するなんて…。これは人類にとって重大な発見になるに違いない!早速報告しなければ!おい!誰か!船に連絡を取り、言っていた搬出の用意をすぐしろと伝えろ!この量なら夜までに相当数運ぶことが可能だ!」 その後帰還
穴の中に入っていないPCは聞き取ることができない。

レイク教授と行くヤバイモノ探索(狂気山脈の発見

前日に成果を残した場合、いくらかの賛辞がある。
レイク教授の目的は周辺の再探索である。ある程度の地理情報は衛星写真で分かっているものの、実際に見てみないと分からないというのがレイク教授の弁である。
カメラを借りつつ、色々な形式をパシャパシャ取ることができる。持ち込みのカメラがある場合は、そちらを使ってもいいし、使い分けてもいい。
どちらにしろと写真は後でもらえるらしい。
野生生物の生体や、連なる山々、広大な雪原は、いうなれば自然が手がけた芸術作品である。
しばらく進むとレイクが声をあげた。 レイク「な、なんだあれは、なんでこんなところに巨大な山脈が…。」
それは目算できないほどの高さであり、人工衛星や航空機の調査で見つからなかったことが明らかに不自然である。
レイク「これは正規の大発見に違いない!早速帰って報告しよう!」
山脈は異様な色をしており、ペイントナイフで原色系の絵の具を無理やり押し付けたかのような色彩をしている。
山頂には不規則な立方体が複数ついており、もう異様としか言いようがない。
レイク「これはまるでレーリヒが描いたあの奇妙な山脈なようだ…いや、それすらも逸している。」
アイデアロール 成功でSANチェック 1/1d3
なお、レーリヒの山脈が見たい人は、ニューヨークにあるNicholas Reorich MuseumのHPを見ることを推奨する。
http://www.roerich.org/wwp.html
彼の絵に狂気などは一切無く、無駄を削ぎ落した鋭利なタッチはとても美しく見える。

帰還後

船では珍しい発見と大量の収穫物にどよめきが起こっている。
150名の乗員に対して運び込まれたもの(ショゴスの卵)の数は100個前後、そのうち10体は実験室に運ばれ、残りの90個は最下層の荷物置き場に置かれる。
あなた達には夕方~夜にかけて隣にある探索チームが晩酌の誘いに来る。
成功を収めている場合は自然だが、何も発掘できない場合はどうしようか…。
また、他のNPCも2~3名呼ばれる(後にPC化できるように)
ここではその探索グループに加わるようにかなり押される。ついてなこない場合、PCはほぼ死亡である。
妹尾は疲労を理由に断る。

別の探索隊に着いて行った場合

そこで調査の報告と晩餐会が開かれている。あなた達に興味を持った探索隊は泊まるように勧める。あなた達は叶った夢を憧れのプロ探索隊と語ることができ、素晴らしい夜を過ごすことができるだろう。

船に残った場合

夜眠ると実験室と最下層のショゴスが一斉に動き始める。ただし、最下層の1体のみ起きた時の衝撃で荷物に潰され見動きが取れなくなる。
結果的に、残ったPCと妹尾はSAN値を0まで下げられた上、ショゴス連れ去られ、それ以外は3人を残して死亡する。
ショゴスは高度な知能を有しており、もしかしたら首を並べて棚に格納などをするかもしれない。

PHASE3 悪夢

あなた達の行動とは関係なく、ダイアーとレイクは卵を分解し解析している。 それは夜中に動き出す。
ダイアーの解析により切り裂かれたことによって、ショゴスは息を吹き返す。凶悪な死臭と共に彼らは一晩かけて船を破壊しつくしている。



あなたは明け方に起こされる。探索隊の1人が船の方向から煙が上がっているというのだ。2人の探索隊と共にスノーモービルであなたたちは船へ向かう。
探索隊員は
探索隊員A ダンフォース:正義感に溢れた青年、狂える意識を抑えながら人として行動する
探索隊員B オーケス:邪教徒である。大いなるクトゥルフを崇拝しており、ショゴスを憎んでいる。執拗にショゴスへ探索者を誘導する。また、精神誘導系の呪文を使える。探索者を巻き添えにしてショゴスと邂逅しようする。

船の悲惨な光景を見たあなた達は、SANチェックだ 0/1d3
あなたたちは調査を行うか逃げるか選ぶことができる。

船内調査

船の前で、ソリを引きずった後があることに気づく。
船内の調査を行ったあなた達は凄まじい数の人間が死んでいるが、妹尾の死体がないことに気づく。
船の船室と船室の間は切り裂かれており、生存しているのは3名のみである。
1人は通信制御室に居る。通信設備は破壊されているが、なにかがのたうちまわったようなあとがある。
彼は顔面蒼白で髪は全て白髪になった上で抜け落ちている。言葉にならない言葉をひたすら呟いておりコミュニケーションは取れない。
精神分析に成功すると冷静にそのことを思い出して発狂死する。それを見たあなたはSANチェック

1人はダイニングにいる。冷蔵庫の中に隠れており、あなた達が人間であることを確認させずに探索を行うと襲い掛かってくる。
人間であることが分かったなら会話が可能である。大きな物音がした、名状しがたい数十体の物体が船内を破壊しつくしていた。
俺は耳が良いのでなにが起こったか全部分かっている。全部分かっていた。分かっていたはずなのに、分かりたくない。
精神分析や説得で惨状を語る、SANチェック 0/1
ところで、冷蔵庫にあった豊富な食料はなぜか空になっている。
最後に、ところでお腹が空いてしまった、食料はないかと聞いてくる?何か提示できなければ
「じゃああなたを頂きます」
と言い先制で噛み付き攻撃をしかけてくる
。 成功率60%であり回避不可能、肉を削られ1d2のダメージを受ける。
どこの肉がいかはPCに選ばせる、場合によってはステータス減少
クリティカルで首に噛み付かれる。その場合2d2のダメージを受ける。
応急処置をしない限り1時間で1ポイントの耐久を削られる。
最後の1人は最下層の船倉に居る。何があったか気づいていないようであるが、昨日のどんちゃん騒ぎは酷かったなどと言っている。

彼の後ろには瀕死ショゴスが1体潜んでおり、2回以上質問を問うと彼の首を跳ねる。
PCの位置まで触手は伸ばせないようであるが、徐々に体が再生しているのが分かる。
アイデアロールでこのままでは船を破壊されることを予測してしまう。
逃げてもいいし、戦ってもいい。耐久は残り4である。いるショゴスは1体である。また、1d3体のショゴスの死体がある。

すべてを否定して逃げる

探索隊の船で逃げることが可能である。しかし、連絡も兼ねたいので状態が一時膠着するのを待って欲しいと言われる。
あなたはすごく疲れているのに気づき、仮眠を取ると夢を見る。かつての仲間が洞窟の仲で助けを求めている夢を、また、あなたは見られていることに気づく、早く動かねば何か良くないことが起こるということを
SANチェック 1/1d6

それでも待った場合は2d6体のショゴスに探索隊のキャンプが夜襲される。
このへんは雑なのでもうちょっと考えたほうがいいだろう。
一応動悸付けとしては多少用意しましたが、なんだかなぁ。

ベースキャンプに戻ったら?

ベースキャンプに戻る場合は探索隊を編成することになる。
探索に加わることもできるし、その場に逗留することもできる。
ただし、オーケスはダンフォースやあなたたちを探しに行くと強固に主張する。
結果、あなた達の意見とは関係なしに居残り組と探索組ができる。

PHASE4 夢の続きへ

居残り組の場合
とくに何もないが、激しい精神疲弊により動けなくなる。
しばらく寝て休むように提案される
眠ると不思議な声が聞こえる。
テケリ・リ テケリ・リ と…
アイデアロール成功 SANチェック
ロールにかかわらずあなたはショゴスに呼ばれていることに気づく
短い眠りから覚めると準備の終わった探索組に加わることもできる。
居残ることもできるが、どうしてもあの声があなたの耳から離れない。
脱出時に確実に 窓に 確実に見えてしまう。

探索組の場合
・狂気山脈でSANチェック
・ショゴスの壁画でSANチェック
・逃亡する際にはDEXでロール、幸運でロール 成功で脱出
狂気山脈都市部は3階層に分かれており、1回1回確認する。
1層では便利なものが多いことに気づく
土器や鉄器などといったレベルのものではなく、複雑な模様を持つ機械部品が残されている。固く固定されており取ることはできない。また、制御装置などはない。
2層では壁画に気づく
そこには半魚人を彷彿とさせる類人の忌まわしき何かの
また、そこの方から野菜の腐った匂い、船と同じ
3層では目のない白いペンギンを発見する

更に奥に進むとショゴスと邂逅する。SANチェック
戦ってもいいし逃げてもいい。

ショゴスは遅いが素早さ対抗ロールと幸運ロール、他に上げたい要素があれば考慮して構わない。

ショゴス
STR 76
CON 51
SIZ 90
DB 5d6

DEX 1d6

エピローグ

無事に脱出した勇敢なあなた達は、船に揺られつつ、かつて憧れていた南極大陸を思う。
目星・アイデア・幸運辺りで適当に振り、失敗するとあなたは窓に、見てしまう
見てしまった場合 SANチェック 1d10/1d100
また、呼び声に応じなかった場合毎晩永続的にSANチェック 1/1d3 であり、精神科に収容されてしまうであろう。

キャラクター

妹尾奈々(セノオナナ)

元ネタ:姉ヶ崎寧々
キャラクターシート (GoogleSpreadSheet)
美しく、気遣い出来、探索技能もあり、体力関係も優秀な万能な女性である。
しかし、その正体は半分狂人である。どうやら大学の卒論でネクロノミコンを取り上げたらしい。英訳は自分で作ったものである。
製本もできるということは、文学フリマなどで配布していた可能性もある。
秘められた言葉の力は強く、オリジナルのネクロノミコンの大差ない。だいたいこれを書いている途中にSAN値をごりごり削られている。
それでも0になってないだけマシか…?
PCの1名を恋人にし、更に支配の魔術まで持っている。しかも支配欲系の狂気を内包しており、手におえない。
KPは基本美女を演じながら、好きなように扱って下さい。

呪文"支配"について
対象の意思をねじ曲げて操作することができる。1MPと1SAN値を支払う。
成功かどうかはPOW対抗ロールを行う。戦闘なら1ターン、時間的には3分程度の支配が可能である。
操れる距離は10m以内で、自然な行動であればあるほど効果は持続する。
戻ったか戻ってないかは本人は気づかない。

ダイアー

元ネタ:狂気山脈の教授
キャラシート(GoogleSpreadSheet)(しかし38で教授はねぇなぁ…、でも元ネタも若いんだよな…。
元ネタまんまのダイアー教授である。
融通が聞かずに突っ走る傾向がある。
観光客の安全に念を押されているものの、多少のことでは死にはしない。それが持論の屈強なマッチョマンである。ガイルを想像してもらえばいい。
屈強な肉体にしたのは、肉体言語による説得やいいくるめを通用しないようにするためである。
言葉のいいくるめや説得、信用などには耐性を持っており、2日目の調査時には成功するまで帰らない。(というか失敗時のシナリオを作ってない)

レイク

元ネタ:狂気山脈の教授
キャラシートは存在しない(出番が少ないので)
物分りの良い地質学の教授である。話は割りと聞いてくれる。ダイアーのように肉体言語を無効化するほどの体力もない。
惜しいことに登場した日の夜にショゴスに殺されてしまう。ああなんとう悲劇なんでしょうか!

ダンフォース

元ネタ:狂気山脈の大学院生(レイク側)
当たりの方の探索隊メンバーである。

オーケス

元ネタ:ローマ神話の死・冥府の神
名前を聞くと直感的に悪いやつだと分かる。っていうか完全にDQNネームだよね

アーティファクト

ネクロノミコン


斜め読み、情報は自動で頭に流れ込む
SAN1回目 2/2d6 クトゥルフ神話1
SAN2回目 2/2d10 SAN値+3分クトゥルフ神話
SAN3回目 2/3d10
中身はショゴスの歴史

この地球には人類が生まれるはるか以前、
古のモノが住んでいた、
いにしえのものは狂人な肉体をもっており、あらゆる場所で活動できた
大多数は海に住み、人間以上の科学力を持っていた
そこで奉仕種族であるショゴスを作り出す
最初は食用・次は奴隷
政治体系は社会主義で五芒星の通貨
暮らしていく内にショゴスは知恵をみにつけ、
巨大な力反逆を試みる
そこで宇宙からクトゥルフが飛来
いにしえのものは、クトゥルフに負け、局地へ避難した

また、読む時にファンブルすると強制的に詳細を読むことになる。
ネクロノミコンを払って落とそうとした場合、手と本が一体化し離れなくなることもある。

四方山話

NPCにネクロノミコンを読ませてファンブルを出し、発狂死させるというロールがあり、探索団に殺人者扱いされるという困ったことが起きた。
船内はボーナスマップである。本来CoCでこういうことはあんまりないのだが、個人的にそういうのが好きなので入れてみた。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-11-19 (月) 00:00:00 (1590d)